一定期間ひとつのテーマに沿った絵を1日1枚からアップしていきます。絵について、思いつくまま、感じるままに綴ってまいります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインカテゴリ:スポンサー広告

少し横道にそれるかもしれませんが、今回のご紹介はこちら

☆藤田嗣治「花の洗礼」(1959年)
藤田



ヴィーナスと、いうタイトルではないですが、この作品、ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」を大変強く連想させるなぁと思って掲載してみました。
恥じらいのポーズや、バラではないけれど、花びらが舞っている様子などなど。

作家の藤田さんは、ヨーロッパに渡って最も成功したといわれる日本人画家。
レオナール・フジタという名前も持っています(キリストの洗礼を受けて)。



関連記事

メインカテゴリ:ヴィーナス

サブカテゴリ :近代・現代人物画

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hkr2525.blog51.fc2.com/tb.php/9-58dfd38b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。