一定期間ひとつのテーマに沿った絵を1日1枚からアップしていきます。絵について、思いつくまま、感じるままに綴ってまいります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインカテゴリ:スポンサー広告

☆フランチェスコ・アイエツ作「ロミオとジュリエット」(1823年)




甘美な空気が漂う、ロミオとジュリエットのキスシーン。

しかし、この作品は、奥にキリストの磔刑の十字架が見えることから、
2人の今後の未来の困難さを象徴しているように見え、
儚い若い愛の寓意を描いた作品にも見えてきます。

関連記事

メインカテゴリ:ロミオとジュリエット

サブカテゴリ :象徴主義・ラファエル前派物語画

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hkr2525.blog51.fc2.com/tb.php/72-a7cff03f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。