一定期間ひとつのテーマに沿った絵を1日1枚からアップしていきます。絵について、思いつくまま、感じるままに綴ってまいります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインカテゴリ:スポンサー広告

10月、冬の気配もそこまできているかもしれませんが、一応「秋」ということで、
秋といえば、芸術の秋。

ということで、「芸術」そのものを描いた作品をご紹介。

「芸術を描く」とは「芸術という概念を描く」みたいなことで、
芸術の寓意、もしくはアレゴリーというタイトルがつけられた絵が多いですです。

※寓意=ある意味を、直接には表さず、別の物事に託して表すこと。

といっても抽象的なものではなくて、実際に芸術活動をしている様子が描かれいるので、
難しいことはございませんが☆


☆ヨハネス・フェルメール作「絵画芸術の寓意」(1666-1668年)
allegory1.jpg



芸術の寓意といえばこの作品でしょう!(と私は勝手に思います)
タイトルは「絵画芸術」とか「絵画芸術の賞賛」とかも言われます
ヒトラーが所持していたことでも有名な絵画。

なんだかwikipediaに詳しく載っていたので、よろしければこちらをご覧ください

描いているモデルの女性は、芸術の寓意。
それは、手にしたラッパや、頭に載せている月桂樹などが、神格化させているからです。
また、この女性の纏っている衣に使われている青色は、
ラピスラズリという石から作られた、大変高価な絵の具の色。
そんな高価な色を使っていることからも、この女性に特別な意味を与えているのではないかと考えられています。

と、色々と語るよりも、とにかくずっと見ていたくなるような作品。
細部にわたっての質感表現、微妙な明暗の階調、、、静謐な空気感。

大変人気がある作品ですし、フェルメール自体も日本で相当人気があるのも頷けます。


拡大図も載せておきますv
(※女性の肩の付近の地図に作家のサイン[Vermeer]が入っています。わかりますか??「V」はわかるかも。クリックして拡大してご覧くださいね。)
allegory2.jpg
関連記事

メインカテゴリ:芸術の絵

サブカテゴリ :バロック美術寓意画

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hkr2525.blog51.fc2.com/tb.php/48-1db58955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。