一定期間ひとつのテーマに沿った絵を1日1枚からアップしていきます。絵について、思いつくまま、感じるままに綴ってまいります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインカテゴリ:スポンサー広告

☆ゴッドフリード・シャールキン作「林檎を食べる少女」(1675-80年)
apple54.jpg



ろうそくに照らされた部屋でりんごを食べる少女。
火のついた蝋燭は、「儚さ」的な意味を持つこともありますが、
これはただバロック美術で開発された明暗差の効果を狙っただけだと思われます。

何気ない一瞬も、ここまで明暗差をつけると、劇的な演出がされているように見えますね。
関連記事

メインカテゴリ:りんごの絵

サブカテゴリ :バロック美術風俗画

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hkr2525.blog51.fc2.com/tb.php/43-de0c2a18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。