一定期間ひとつのテーマに沿った絵を1日1枚からアップしていきます。絵について、思いつくまま、感じるままに綴ってまいります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインカテゴリ:スポンサー広告

りんごは身近な果物であったため、
身近な風景を描く印象派の画家たちも好んで描いたモチーフです。
今回はモネを2作品

☆クロード・モネ作「リンゴの入った籠」
apple4.jpg



☆クロード・モネ作「リンゴと葡萄のある静物」(1880年)
apple3.jpg



モネの紡ぎだす色彩の饗宴で、りんごに生命が宿っているようです。
と言いたいところなのですが、画像が悪くてわかりづらいですね。。。
申し訳ありません(>_<)


関連記事

メインカテゴリ:りんごの絵

サブカテゴリ :印象派・後期印象派・新印象派静物画

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hkr2525.blog51.fc2.com/tb.php/25-f153b79d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。