一定期間ひとつのテーマに沿った絵を1日1枚からアップしていきます。絵について、思いつくまま、感じるままに綴ってまいります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインカテゴリ:スポンサー広告

2週間ぶりの更新となり、もしお待ちいただいている有難い方がいらっしゃいましたら申し訳ございませんでした<(_ _)>
「天使の絵」カテゴリーはひたすら長くなってしまいそうですので一旦休憩いたしまして
次は「画中画のある絵」を紹介いたします。


画中画って何?と思われる方もいるかもしれませんが、
これは読んで字のごとく、絵の中に描かれている絵のことです。
画中画という言葉を有名にしたのは、日本でも大人気のフェルメールです。

☆ヨハネス・フェルメール作「天秤を持つ女」(1664年頃)
paintingInArt.jpg


「金を測る女」という名称でも呼ばれいたことがありましたが、
調査の結果天秤の上には何も乗せられていないということで
「天秤を持つ女」となったそうです。

宝石や金貨が無造作に置かれているテーブルの前に立ち、
天秤を使って、この女性は何を測っているのでしょうか?



絵を詳しく見ていくと、何を測っているかを暗示するもの
(=この作品の本当のテーマ)が描き込まれています

それが女性の奥にかかっている「画中画」です。

暗くて見えづらいですが、画中画には「最後の審判」が描かれています。


最後の審判をwikipediaで調べたところ
キリスト教では、世界の終わりにイエス・キリストが再臨し、あらゆる死者をよみがえらせて裁きを行い、永遠の生命を与えられる者と地獄に墜ちる者とに分ける

とのことで、これは昔から絵画にはよく登場するテーマです

参考:ルーベンス「最後の審判」(※上記フェルメール作品の画中画ではありません)
paintingInArt2.jpg


まとめますと、フェルメールの「天秤を持つ女」は、
人間の魂が秤(はかり)にかけられ、天国と地獄に振り分けられる寓意を表していると考えられます。

また、テーブルの上にある真珠や貴金属などは、
一般的に富の象徴であるとともに「虚飾」を暗示するものでもあるため、
それを天秤にかけていない点についても、さらに深い寓意を読み解くポイントになるかもしれませんね


関連記事

メインカテゴリ:画中画のある絵

サブカテゴリ :バロック美術風俗画

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hkr2525.blog51.fc2.com/tb.php/223-b7fd1154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。