一定期間ひとつのテーマに沿った絵を1日1枚からアップしていきます。絵について、思いつくまま、感じるままに綴ってまいります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインカテゴリ:スポンサー広告

☆ヤン・ファン・エイク作「受胎告知」(1434~1436年)
angel8.jpg


数ある受胎告知の絵画の中でも、天使の衣装の豪華さなら、これが私の中では一番!なファン・エイクの作品。
受胎告知のシーンを示す、書物をの前のマリア、百合が画面にあるとともに、
マリアの左上には鳩が舞い降りてきています。
鳩も、受胎告知の場面ではよく描かれるのですが、
これは、精霊(によって身ごもること)を意味しています。


angel9.jpg

angel10.jpg
ともあれこの作品の見所は、この圧巻な細部の描写。
天使ガブリエルの持つ杓も美しく丁寧に描かれています。
また、2人の台詞も金色の文字で描かれています。
(告知の言葉と、それに応じる言葉)
実際の作品の大きさが約90cm×34cmということを考えると、
どれだけ密度の高い絵か、この画像からでもうかがいしれますね



ファン・エイクの作品をもう一枚。

☆ヤン・ファン・エイク作「ティッセンの受胎告知」(1437年)
angel11.jpg


まるで彫刻がそこにあるかのように描かれた騙し絵風絵画。
当時、騙し絵のような作風が流行していたそう。


関連記事

メインカテゴリ:天使の絵聖母、キリストと天使

サブカテゴリ :ルネサンス宗教画

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hkr2525.blog51.fc2.com/tb.php/202-79a5a04f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。