一定期間ひとつのテーマに沿った絵を1日1枚からアップしていきます。絵について、思いつくまま、感じるままに綴ってまいります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインカテゴリ:スポンサー広告

星座シリーズのご紹介が終わりましたので、
次は「天使の絵」をカテゴリーして紹介いたします☆
(リクエストいただきありがとうございます ^^)

このサイトでいう天使とは「翼が描かれた天使っぽい人」を指します。(曖昧。。。)
例えばギリシャ神話ではエロス(クピド)は愛欲の神様ですが、
天使カテゴリーでご紹介いたします。

また、多分量が沢山あるので、天使カテゴリーをさらに細かくカテゴリー分けして、
徐々にご紹介させていただこうと思います。


*************


始めは、キリスト教絵画(=宗教画)に登場する天使のご紹介。

宗教絵画で描かれる天使といってまず私が思い浮かぶのが
受胎告知の場面。

受胎告知とは
処女マリアに天使のガブリエルが降り、
マリアが聖霊によってイエスを身ごもることを告げ、
またマリアがそれを受け入れることを告げる出来事。

天使ガブリエルは、キリスト教においてミカエル、ラファエルと共に三大天使の一人と考えられています。


☆レオナルド・ダ・ヴィンチ作「受胎告知」(1472年~1475年位)
angel1.jpg


万物の天才レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた受胎告知のシーン。
彼の実質デビュー作といわれ、まだ20歳前後の時に描いた作品。

通常受胎告知の場面では、マリアは書物(イザヤ書ともいわれます)を読んでいます。

こちらの作品でも庭で読書していたマリアのもとへ
突然舞い降りてきた天使とお告げに少し驚いている様子。


☆部分拡大
angel2.jpg
この作品でもみられるように、受胎告知のシーンでは
天使はかなりの確立で百合(または百合の紋章のはいったもの)を持っています。
百合は聖母の純潔を示す象徴物(アトリビュート)です。
関連記事

メインカテゴリ:天使の絵聖母、キリストと天使

サブカテゴリ :宗教画ルネサンス

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hkr2525.blog51.fc2.com/tb.php/200-dcf66f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。