一定期間ひとつのテーマに沿った絵を1日1枚からアップしていきます。絵について、思いつくまま、感じるままに綴ってまいります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインカテゴリ:スポンサー広告

シェイクスピアの悲恋の戯曲「ロミオとジュリエット」の芸術作品、
今回はジュリエットだけが描かれている。
ジュリエットは、名家キャピュレットの娘。お金持ち。まだ13~14歳!

ロミオは理想を追い求める情熱家タイプ、
ジュリエットは理想を追い求めつつも冷静に自己分析するタイプの女性だと思います。
(※計画的に駆け落ちを実行することから)


☆ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス作
 「ジュリエット(あるいは、青いネックレス)」(1898年)
romeo_juliet9.jpg


13歳という年齢設定に相応のあどけなさが残るジュリエット。
何かを暗示するように持つ青いネックレス。
眉毛の下の窪みの影のせいでか、影を帯びた表情。
笑顔はなく、何かを見ているというよりは、深く考えているという印象を受けます。




J.W.ウォーターハウス【画集】J.W.ウォーターハウス
(2006/11)
ピーター・トリッピ
by amazon

関連記事

メインカテゴリ:ロミオとジュリエット

サブカテゴリ :象徴主義・ラファエル前派物語画

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hkr2525.blog51.fc2.com/tb.php/20-0617910b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。