一定期間ひとつのテーマに沿った絵を1日1枚からアップしていきます。絵について、思いつくまま、感じるままに綴ってまいります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインカテゴリ:スポンサー広告

星座の絵シリーズ、続いては天秤座(9/23~10/23生まれの方の星座)ご紹介。

☆サルヴァトル・ローザ作「地球を去るアストレイア」
zodiac48.jpg


天秤座は、ギリシャ神話の正義の女神アストレイアが持つ善悪を量る天秤です。

その昔、黄金の時代と呼ばれる時期があり、
地上は、温暖な気候と豊かな大地に恵まれ、人間と神々は一緒に平和に暮らしていました。

そのうち、人々は糧を得る為に耕作を行わざるを得なくなり、寒暑から逃れる為に住居に住むようになった。
さらには武器を手にして争うようになった。
この時代を銀の時代と呼び、神々もどんどんと地上を離れていきました。
この時代の人々は大神ゼウスによって滅ぼされたといわれています。

続く銅の時代、
人々は戦争をはじめ戦いを好むようになります。
アストレイアは、なんとか正義を説こうと地上にとどまり続けました。

そして最後に鉄時代が訪れると、地上にはあらゆる悪行が蔓延しました。
人々は堕落し、好戦的となり、神の声に耳を傾ける人はいなくなりました。
アストライアは、神々の中で最後まで地上に留まり人々に正義を訴え続けましたが
ついには鉄の時代に空へと昇っていったといわれています。

このとき使っていた彼女の天秤が、天秤座です。


上記作品は、アストレイアが地上を去ろうとしている場面。
彼女の天秤を掴んで必死に止める人間と、
もう我慢の限界のアストレイア。
関連記事

メインカテゴリ:12星座の絵

サブカテゴリ :神話画バロック美術

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hkr2525.blog51.fc2.com/tb.php/186-acbeea09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。