一定期間ひとつのテーマに沿った絵を1日1枚からアップしていきます。絵について、思いつくまま、感じるままに綴ってまいります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインカテゴリ:スポンサー広告

前回の記事でご紹介した作家さんの作品の続きです

☆Joseph Farquharson作「The Joyless Winter Day」(1883年)
snow39.jpg


タイトルの直訳は「つまらない冬の日」。
作家さんの得意とする幻想的な夕焼けの風景はなく、
大地を切る冷たい風の音が聞こえてきそうな作品。
(夕焼けの羊の作品より前に描かれていますね)



☆Joseph Farquharson作「When The West With Evening Glows」(1900年頃)
snow41.jpg


こちらは羊がいない夕焼けの風景を描いた作品。
作家さんの雪の描写力も素晴らしいですが、
何よりこの少し雪解け始めた山道自体が、とても美しいですね
関連記事

メインカテゴリ:雪の絵

サブカテゴリ :風景画

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hkr2525.blog51.fc2.com/tb.php/149-fcc43b50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。