一定期間ひとつのテーマに沿った絵を1日1枚からアップしていきます。絵について、思いつくまま、感じるままに綴ってまいります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインカテゴリ:スポンサー広告

☆ルイ・ジャン・フランソワ・ラルグネ作「アウロラの出発」
sunrise11.jpg



曙の女神アウロラは、アポロンと同様、馬の手綱をとって空を駆ける姿で描かれることもあります。
この作品においても、手綱と花を持って、これから仕事へ出かける様子です。

アウロラの目線の先には、おそらく恋人のティトノス。

若くて大変な美青年であったティトノスのことをアウロラが気に入り、
全能神ゼウスに頼み込み、不死の体にしてもらったのですが、
「不老」を願い忘れた結果、どんどん年老いていってしまう、というお話です。

姿は年月で変わってしまっても、アウロラが彼を想う気持ちが変わらない、
という表情が、とても魅力的。


一番左にいるのは多分月の女神アルテミス(セレネ)。
関連記事

メインカテゴリ:日の出の絵

サブカテゴリ :ロココ美術神話画

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hkr2525.blog51.fc2.com/tb.php/133-42e35d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。