一定期間ひとつのテーマに沿った絵を1日1枚からアップしていきます。絵について、思いつくまま、感じるままに綴ってまいります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインカテゴリ:スポンサー広告

お花の絵のご紹介。
みずみずしい花を描くことはどの作家さんの腕の見せ所。


★今回ご紹介するお花の絵はNarcissus(ナルキッソス)=水仙が描かれている絵。
元々ギリシャ神話が語源で、日本でもナルシスト(自己愛者)という言葉でおなじみ。
ギリシャ神話のお話は、ナルキッソスという少年が、他人を愛せない罰として、自分しか愛せなくなるというのろいを掛けられ、水に映った自分の顔に見惚れて、最期は川に落ちて死んでしまうというお話。悲しいですねぇ。

☆アンリ・ジャン・テオドール・ファンタン=ラトゥール作品
ファン・ラトゥール
上の方にある白いお花がスイセンだと思います。花の名手、さすがラトゥール。



ちなみに神話のナルキッソスの絵もご紹介。
☆ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ作「ナルキッソス」(1597-99)
ナルキッソス
光と影を巧みに描いたカラバッジョ。自己の姿に酔い、でも自分のものにならないという憂いを秘めた表情が、見るものを絵に引き込みます。
ちなみにナルキッソスがナゼ水仙という花の名前になったかは、彼が死んだ場所に水仙が生えていたというだけです。花言葉も「うぬぼれ」「自己愛」とかで、あんまりいいイメージがないのは神話の中の彼のせい。









関連記事

メインカテゴリ:お花の絵

サブカテゴリ :表現主義・シュルレアリズム・キュビズム静物画

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hkr2525.blog51.fc2.com/tb.php/11-4e0b5fe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。