一定期間ひとつのテーマに沿った絵を1日1枚からアップしていきます。絵について、思いつくまま、感じるままに綴ってまいります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインカテゴリ:スポンサー広告

☆フィリップ・レイナングル作「風変わりな犬の演奏者」(1805年)

music9.jpg


ピアノを弾くのは何も人間だけじゃありません

鍵盤に手(?)を置き、しっかりとこちらを見据える犬。
まるで名演奏家のようなたたずまいが なんとも


動物画を多く描いたこの作家さんならではの発想がユーモアがあってかわいいですね


スポンサーサイト

メインカテゴリ:音楽の絵

☆Josef Danhauser作「ピアノの前のリスト」(1840年)

music8.jpg

一見すると、ピアノに聞き入っている風俗画に見えますが、
こちらは描かれている人物達がすごいメンツです。

まずピアノの前に座るのが作曲家でピアニストのフランツ・リスト。
その手前でピアノにもたれかかっているのがリストの愛人マリー・ダグー。
リストの後ろで座っているのが女流作家ジョルジュ・サンド(ショパンやリストと関係を持っていた)。
さらにはバイオリニストのニコロ・パガニーニや作曲家ジョアキーノ・ロッシーニの姿も。

そして、画面右上の彫像はベートーヴェンです。



メインカテゴリ:音楽の絵

☆ヴィルヘルム・ハンマースホイ作「ピアノの前に女性が座る室内」

music7.jpg

ピアノを弾いているのか、ただ楽譜を眺めているのか
とても静かな雰囲気の室内が描かれた作品。

ハンマースホイは静謐な室内画で知られている画家で、
この作品においても、ピアノは描かれていますが、圧倒的な静寂が絵の要素の大部分を占めています。

鍵盤をポンと軽く弾くと
その音が室内に響き渡り、室内に染み渡っていくような

写実画でありながら心象的な印象をうける不思議な絵ですね☆




メインカテゴリ:音楽の絵

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。