一定期間ひとつのテーマに沿った絵を1日1枚からアップしていきます。絵について、思いつくまま、感じるままに綴ってまいります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインカテゴリ:スポンサー広告

2週間ぶりの更新となり、もしお待ちいただいている有難い方がいらっしゃいましたら申し訳ございませんでした<(_ _)>
「天使の絵」カテゴリーはひたすら長くなってしまいそうですので一旦休憩いたしまして
次は「画中画のある絵」を紹介いたします。


画中画って何?と思われる方もいるかもしれませんが、
これは読んで字のごとく、絵の中に描かれている絵のことです。
画中画という言葉を有名にしたのは、日本でも大人気のフェルメールです。

☆ヨハネス・フェルメール作「天秤を持つ女」(1664年頃)
paintingInArt.jpg


「金を測る女」という名称でも呼ばれいたことがありましたが、
調査の結果天秤の上には何も乗せられていないということで
「天秤を持つ女」となったそうです。

宝石や金貨が無造作に置かれているテーブルの前に立ち、
天秤を使って、この女性は何を測っているのでしょうか?



絵を詳しく見ていくと、何を測っているかを暗示するもの
(=この作品の本当のテーマ)が描き込まれています

それが女性の奥にかかっている「画中画」です。

暗くて見えづらいですが、画中画には「最後の審判」が描かれています。


最後の審判をwikipediaで調べたところ
キリスト教では、世界の終わりにイエス・キリストが再臨し、あらゆる死者をよみがえらせて裁きを行い、永遠の生命を与えられる者と地獄に墜ちる者とに分ける

とのことで、これは昔から絵画にはよく登場するテーマです

参考:ルーベンス「最後の審判」(※上記フェルメール作品の画中画ではありません)
paintingInArt2.jpg


まとめますと、フェルメールの「天秤を持つ女」は、
人間の魂が秤(はかり)にかけられ、天国と地獄に振り分けられる寓意を表していると考えられます。

また、テーブルの上にある真珠や貴金属などは、
一般的に富の象徴であるとともに「虚飾」を暗示するものでもあるため、
それを天秤にかけていない点についても、さらに深い寓意を読み解くポイントになるかもしれませんね


スポンサーサイト

メインカテゴリ:画中画のある絵

サブカテゴリ :バロック美術風俗画

☆ウィリアム・ブーグロー作「聖母子と天使達」(1900年)
angel45.jpg


聖母マリアに幼いキリストは、赤ちゃんとは思えぬ威厳のある顔つきをしています。
それをうっとり見守る天使達(21人くらい)。
マリアの衣装の紺色意外は、ほぼ白色、純白を基調として描かれているため
ものすごく神聖な雰囲気をたたえています。
基本的に天使は性別がないそうですが、
これは女性の天使達でしょうか、
しぐさや表情がしなやかでとても美しいです。


部分拡大
angel46.jpg

angel47.jpg

☆Mark Lancelot Symons作「聖母子と天使たち」(1925年)
angel44.jpg


聖母マリアと天使の幼い顔は現代的で、主題は古典的という、不思議な作品。
淡い色使いと楽しげな雰囲気が漂ってきます。
囲んでいる天使たちは、キリストへ花を散らして、
その誕生を祝福している様子。

天使たちの羽も一枚一枚デザインを変えたり、
草木を丁寧に描写するなど、装飾性と描写性が混在しつつも、
やや平坦な描き方や、色使いによって軽快な画面でまとめあげています。

メインカテゴリ:天使の絵聖母、キリストと天使

サブカテゴリ :宗教画近代・現代

☆ヴァン・ダイク作「聖母子と2人の音楽の天使」
angel43.jpg


聖母子と、楽器を手にした2人の天使が描かれた作品。
幼いキリストは、蛇が巻きついた地球儀の上に立っています。
蛇は原罪(=悪しき者)の象徴ですので、それを踏みつける救世主の誕生という主題なのでしょう☆

そしてそんな2人を賞賛するかのように楽器を演奏する天使たち。
画面左側にいる天使は、キリストに寄り添って一緒に歌っているように見えますね
(というか、ひとつのマイクで一緒に歌っているロック歌手のようだ。。。)

メインカテゴリ:天使の絵聖母、キリストと天使

サブカテゴリ :バロック美術宗教画

☆ウィリアム・ブーグロー作「天使と聖母」(1881年)
angel41.jpg


聖母子や天使の名画をたくさん残した画家、ブーグローの描いた、
甘美な聖母子と天使の作品。
木陰でうたた寝する聖母子の子守唄代わりでしょうか、
女性の天使たちが楽器を演奏しています。
楽器を演奏している仕草だけの描写ではなく、
聖母子を覗き込む天使たちの動きのしなやかさ、美しさも見事に描ききっています


部分拡大
angel42.jpg


☆ヘラルト・ダヴィト作「聖母子と4人の天使」
angel40.jpg


赤い衣をつけた聖母と、抱かれるキリスト。
そのまわりを4人の天使が囲んでいます。

上部にいる天使は聖母に冠をかぶせようとしています。
聖母マリアは、死後、天の世界で「天の女王・女神」として迎えられ、
救世主イエスから冠を与えられる という主題に基づき描かれているものだと思います。
(聖母戴冠の記述は聖書にはないようですが、モチーフとしてはよく美術作品に登場します。)

また、座っている2人の天使は楽器を奏でています。
天使はよく音楽を奏でている姿で描かれます。
(どうやら天国では音楽が鳴り響いているらしいです)

「最後の審判」という絵画でもラッパを吹き鳴らしている天使がいたり、
音楽の守護天使(?)(聖女チェチリア)なんかもいたりします
多分いつかご紹介いたします

メインカテゴリ:天使の絵聖母、キリストと天使

サブカテゴリ :宗教画バロック美術

前回ヴェロッキオの聖母子と天使の作品をご紹介いたしましたが、
もう1作品ご紹介

☆アンドレア・デル・ヴェロッキオ作「キリストの洗礼」(1472年位)
angel38.jpg


ヴェロッキオ自体は、あまり馴染みのない作家さんと思われますが
(現存作品も少ないですし。。。)
彼は、巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチの師であったことで有名です。



実はこの作品の左側に2人の天使が描かれていますが、
一番右側の天使は、ダ・ヴィンチが描いたものとされています。↓
angel39.jpg
ちなみに隣の天使は、これまた有名なボッティチェリが描いたとも。

当時は、画家になるためには、どこかの工房に弟子入りして、
師の作品の手伝いをしながら勉強し、その後独立するというのが通例でした。

ヴェロッキオもボッティチェリも伝統的なテンペラという画材を使って描いているのに対して、
レオナルドは、油彩で、この作品の天使を描いたようです。

師であるヴェロッキオは、
この作品でレオナルドの描いた天使があまりにも素晴らしすぎて
自身は筆を折ったという逸話まで残されています。
(本当かどうかはわかりませんが。。)
才能に恵まれていたレオナルド・ダ・ヴィンチのルーツを知る貴重な作品であったりします。

メインカテゴリ:天使の絵聖母、キリストと天使

サブカテゴリ :ルネサンス宗教画

☆アンドレア・デル・ヴェロッキオとロレンツォ・ディ・クレディ作「聖母子と2人の天使」(1476~1478年)
angel37.jpg


慈愛に満ちた表情で幼いキリストを見つめる聖母と、
母親の顔を見上げているキリスト。
左の天使は、純潔の象徴の百合を手に、聖母マリアへ敬意を払った表情で見つめています。
右の天使はキリストを支え、鑑賞者に視線を投げかけています。

優しさと慈愛に満ちた、色鮮やかな美しい作品ですね。

メインカテゴリ:天使の絵聖母、キリストと天使

サブカテゴリ :宗教画ルネサンス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。