一定期間ひとつのテーマに沿った絵を1日1枚からアップしていきます。絵について、思いつくまま、感じるままに綴ってまいります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインカテゴリ:スポンサー広告

3月、日中は春の陽気に包まれていますね☆
ということで、「春」を描いた絵画をご紹介いたします

☆ボッティチェリ作「春(プリマヴェーラ)」(1482年)
Botticelli1.jpg


「春」といえば、私は真っ先にこの作品を思い浮かべました。

この作品でいう「春」とは「愛の寓意」を示していて、
描かれているギリシャ神話の神様にはそれぞれ意味があります

この作品の解説は長くなりそう、、、




まず、真ん中に立ちこちらを見ているのが、愛の女神ヴィーナスです。


画面一番右手が西風の神ゼピュロス、
青し白い怖い顔をしていますが、心優しい神様で、春を運ぶ役割もしています。

ゼピュロスと一緒にいるのがニンフ(妖精)のクロリスという女性。
ゼピュロスとクロリスは結婚し、クロリスは花の女神フローラに変身します。
ちなみにクロリスの口から溢れているヒメツルニチソウという花は、結婚を表しているそうです。

クロリスのすぐ隣の女性で、薔薇のドレスに身を包み薔薇をたくさん持っている女性が、
クロリスの変身後の花の女神フローラです。
薔薇は愛の女神ヴィーナスの持物でもあり、「愛の勝利」を表します。


そして、画面一番左の男性は伝令神ヘルメス。
雲をなぎ払う動作は愛欲を制御する理性を表しているとともに、春の到来を告げています。


ヘルメスのとなりの3人の手を取り合っている女性たちは
ヴィーナスの従者である3美神で「美」「貞節」「愛」を示しています。


中央ヴィーナスの頭上には目隠しをしたキューピッドの姿も。
これは盲目の愛を示しています。
「愛の矢」で、3美神の「貞節」を狙っていますね。
「貞節」は、すでに熱い視線をヘルメスに投げかけていて、恋をしている様子。




とはいえ、この絵画にこめられた寓意はいまだ研究中のようですので、
自分なりに解釈してみるのもおもしろいかもです☆

人物達の足元咲いている花も、非常に丁寧に描写されていて、見所です。




スポンサーサイト

メインカテゴリ:春の絵

春をイメージするギリシャ神話の神様は、
西風の神ゼピュロス(春を運ぶ)や、
豊穣と花の女神フローラ(春の女神ともいわれます)が挙げられます。
これはボッティチェリの春・プリマヴェーラでも描かれています☆(紹介記事はこちら


その2人が描かれた作品です

☆ウィリアム・ブーグロー「フローラとゼピュロス」(1875年)
spring1.jpg


色とりどりのお花に囲まれつつもぐったりした様子のフローラ、
彼女を抱きキスをして、春の訪れを告げているゼピュロス。



メインカテゴリ:春の絵

サブカテゴリ :神話画

☆ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ作「ゼピュロスとフローラ」(1734-35年)


spring2.jpg

西風の神ゼピュロスが、花と豊穣の女神フローラに花冠を授けようとしています

ギリシャ神話では男の神様は浮気者が多いですが、
ゼピュロスは温厚で一途だったとか。

ゼピュロスの羽がトンボのように描かれていて珍しいです


メインカテゴリ:春の絵

サブカテゴリ :神話画

☆リチャード・ウェストール作「西風によってヴェールを剥がされたフローラ」


spring3.jpg

「春の絵」シリーズのご紹介ですが、
勢いで夏の寓意を表している絵画をご紹介。


画中には夏の草花である
ひまわりや朝顔、百合が咲き誇り、足元にはかぼちゃの実も生っています。


画中裸の女性が、花の女神フローラ。
彼女は豊穣の女神でもあり、厳密にいうと「春の神」ではなく広く季節全般に関係してくる女神です。
(でも春の寓意にはよく登場します)

西風として描かれているのが天使たちで、
フローラのヴェールをふわっと風で捲り挙げています。

下のほうにいる天使が花冠を持ってフローラから離れていっているところを見ると
春から夏への衣替え(?)、季節の変わり目を描いているのかもしれません



メインカテゴリ:春の絵

サブカテゴリ :神話画

☆ルイーズ・アベマ作「フローラ」(1913年)


spring4.jpg

様々な季節のお花に囲まれる花の女神フローラ。
女流画家さんらしい穏やかで優しい色使いの画面ですね


メインカテゴリ:春の絵

☆フレデリック・ ソウラクロワ作「春」


spring6.jpg

それぞれが踊ったり花をまいたりして
春の到来を喜んでいるかのよう。

ニンフ(妖精)がイメージかもしれませんが、
そういったことを象徴するものもなく現実的な裸の女性として描かれているように見えるので、なんだかちょっと違和感を感じてしまいます


メインカテゴリ:春の絵

☆フランツ・ヴィンターハルター作「春」


spring5.jpg

花の女神フローラのように
たくさんの花に囲まれてる「春の寓意像」である女性

やさしく微笑みかける表情は
穏やかな春の日差しを思わせます



メインカテゴリ:春の絵

☆ピエール・オーギュスト・コット作「春」(1873年)


spring7.jpg

ブランコに乗って、寄り添い見つめあう恋人達。

女性が神々しいまでに美しく描かれている上、
男女の衣装の厚さにも違いがあるため、
人間の男性と、ニンフ(妖精)のカップルのように見えます。


画面左端には、女性の純潔の象徴であるアイリスも咲いています。


メインカテゴリ:春の絵

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。